2015年12月22日

アボカド


国産のアボカドを取り寄せてみた
ブラジルでは30メートル位の巨木に
ラグビーボール大の緑色の実が数えきれない程なっていました
和歌山産の実は同じ緑色ですが極小粒で可愛い
1アボカド.JPG

ピグマエオセレウス・ブレビリィ
頂いてから全く動かないのかと思っていたが
2ブレビ.JPG

写真に撮って良く眺めてみれば
飴色の太い刺が伸びていた
ローレヤヌスの様な花が咲くのだろうか
2ブレビリィ.JPG

スクレロカクタス・スピノシオールvシュレッセリ(袖台)
小さな内は直刺だったが大きくなり鉤刺に変化
4シュレッセリ鉤刺.JPG

緑色の牡丹の実生苗の中に変な色が一つ
小さな内は赤いものもあったが皆消えてしまった
3牡丹1.JPG

ニックネーム 空パパ at 16:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラグビーボール大のアボカドって、ジャックフルーツの見間違えでは。
Posted by queiiti at 2015年12月24日 18:24
queiitiさん
ジャックフルーツはラグビーボールの数倍の大きさですよ。
ブラジルのアボカドの種は日本で販売されているアボカドより大きいかもしれません。
Posted by cooパパ at 2015年12月25日 16:11
それは、それは!

ポルトガル語の講師から聞いたのですが、カシューナッツの実は美味しいそうで、現地ではナッツは捨てて、フルーツ部分のみ食べるそうです。渡伯時に食べられましたか。
Posted by queiiti at 2015年12月25日 17:34
queiitiさん
カシューナッツの実は熟していなかったので、残念ながら見るだけでした。
その時の説明でも果実だけ食べて、種はポイと投げ捨てるとの事でした。
ジュースは広く出回っているようです。
Posted by cooパパ at 2015年12月29日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3590)
アセラAdClick